なぜ自宅にシロアリが現れるのか|シロアリ対策をするなら専門業者にお任せ!安心して暮らせる住まいへ
ロゴ

pest.com

害虫の発生原因とは?~シロアリ・アリ駆除お役立ち情報~

なぜ自宅にシロアリが現れるのか

アリ

暖かく湿度の高い場所

シロアリは水分をたっぷり含んでいる場所の段ボールまたは木材を好む傾向があるようです。外壁の隙間から水が入り、そこから柱や壁が湿気を含んでしまい、木が大好きなシロアリが巣を作ってしまいます。そうならないためにも、常に空気を入れ返して風通しを良くしましょう。それだけでも、かなり違ってきますよ。

廃材や木材を放置している

土の上にある廃材や木材は外気に触れず、土から木材に付着することができます。また、湿り気のある暗い場所になるためシロアリとしては最高の住処になるようです。それから、お庭のガーデニングに使っている木材やウッドデッキなどにもシロアリが発生するので対策や予防が必要になってきます。できるだけ、木材を乾燥させるようにするか、水に濡れたら処分をするとよいでしょう。あるいは腐朽しないように気を付けるか、防蟻剤や防腐剤を散布するかなどの対策を取っておくといいかもしれません。

木造建築が多い居住区は要注意

築年数の古い住居が多いエリアでは、シロアリが出やすいという傾向にあります。仮に、貴方の住居が新築だったとしても周りに古い住居があると、必然的にシロアリが発生するリスクも高まってしまうようです。新築の場合、施工時に木材や柱など、周りに防蟻対策をしているはずですが、中古でマイホームを購入する場合は、外観の見た目はもちろん、屋根裏や床下をシロアリの形跡がないかチェックしておきましょう。もし、アリ駆除対策をした形跡があったとしても、すでに薬剤の効果が薄れていることもありますよ。その場合は、業者に依頼をして再度対策を取っておくべきだと言えます。

シロアリがいるかどうかチェックする方法

シロアリがいそうな場所をセルフで点検したいとき、確認すべき場所は「床下」です。ヘッドライトや懐中電灯を用意して、床下へ潜りましょう。点検場所は、付近の木材でOK!腐朽菌やカビが付いていないか、湿気の状態などもチェックしておくといいですね。シロアリが生息している場合、しばらくすると兵蟻や職蟻が顔を出します。たどっていくと被害範囲はシロアリの素が発見できるかもしれません。

広告募集中